phonto (3).JPG

♦コミュ・トレについて♦

お子様の不登校でお悩みはありませんか?

こどもが学校にいけない…
行きたいみたいだけれど、気分が悪くなっちゃう…
友達関係がうまくいっていないみたい…
気が付いたら勉強の遅れがすごい…
このまま大人になって大丈夫かしら…
社会人として普通にやっていけるのかなぁ…

 そんなときは、ぜひ、国語作文教室ろじかるにサポートさせて下さい。コミュニケーション能力を向上させることで、家庭内の会話、他者との会話を促進し、お子様が所属する学校内、クラス内、その他共同体内に、本当の理解者を作っていきます。

 IT化が進み、終身雇用の枠組みは崩れ、自由な人生の価値観が容認される中で、SNSが普及し、現代は周囲との足並みをそろえた生活に基準を置くようになりました。少しでも周囲との振る舞いに差が生まれると、すぐに排他的な作用が働く現代です。子どもたちは常に平均値を探しながら、自分をチェックしながら生き、不安を抱えています。もちろん大人の社会もそうかもしれませんが、知識や学力が大人より劣る子どもたちは、なぜ自分がここまで排除されなくてはいけないのかと理解できず、もっともっと不安になっています。そんな社会からの自己防衛の最終手段を「不登校」と言うのかもしれません。

 そういった、社会事情の中で、ろじかるは丁寧にお子様の思いや、保護者様の思いに寄り添って一番の理解者になっていこうと考えています。まず、お子様の考え方と、保護者様の考え方の両方をヒアリングします。どちらの考えも尊重し、その上で、コミュニケーション能力の向上を推進していきます。その延長線上に社会との接点を持ち、社会の一員として生きていく柔軟性を身につけていってもらいたいと考えています。

 家庭内コミュニケーションの減少はよくある話です。お子様が不登校を決めた理由を、保護者様が実は理解できていなかったということは、しばしば存在します。このすれ違いを放っておくと無言の関係が当たりまえになります。ぜひ勇気を出して、第三者が親子関係の間に入って、ヒアリングする機会を設けてみてください。例えば、オンラインでつなげてダイニングにタブレットおいておくだけでも、通りがかりのお子様に、こちらで声掛けしますから、お気軽にお試しください。何かしらのよい変化が、必ず起きますよ。

 保護者様がお子様といるときに、沈黙に堪えかねて独り言を言う振る舞いをするだけだと、お子様は自分の存在に必要性を感じません。保護者様も勇気を出し、必ずお子様からの答えを待つようにし、言葉と言葉のキャッチボールの習慣化を図っていきましょう。

 そのようなコミュニケーション能力が身につくアドバイスを、お子様とプロ講師一対一で行い、そのあとに保護者様とプロ講師で実施報告や相談を行います。前半後半の比率は1:1の時間枠で考えています。この配分で効率がいいと考えています。しかし、ご相談で比率も変えられますので、その時は、おっしゃってください。

 この不登校支援の取り組みに、少しでも興味を持っていただけましたら幸いです。ぜひろじかるにサポートをさせてください。

【コミュ・トレ無料授業】
​土日実施(無料イベント)
15分 お子様—プロ講師
     〇あなたのことが知りたいな
      ウケ・コタエ練習
     〇論理思考トレーニング など
15分 保護者様—プロ講師
     〇実施報告
     〇相談会
※計30分の際は、無料イベントとして何回でもご利用ください。
※30分以上の際は、家庭教師契約となります。


お申し込みは、公式LINE友達登録後、LINEのやり取りでお申し込み下さい。

ワンクリック友達登録 https://lin.ee/f9VkY9T


無料イベントサイトへ