ろじかる​オンライン自習室 

弊社オンライン自習室の親しみやすいネーミングを募集しています。採用された場合は図書カード1000円分をプレゼントさせていただきます。

phonto (29).JPG
IMG-0687.jpg
【利用された保護者様からの感想】
 利用者:小学生姉妹
「二人とも、いつもとは違った環境での学習、すごく楽しかったそうです。図書カードまで送っていただきありがとうございました。夏休みには読書にも挑戦してもらいたいと思います!」

 
【利用された方の感想】
 利用者:小学6年生
「中学受験で苦手な算数を頑張ろうと思って、この自習室で学びました。とてもやすい価格なのに、先生に質問ができて、通塾と同じくらい充実して学べました。学校の算数では90点以上取れるようになりました。」

 

講師が日替わりで管理します。
​全体管理と個別指導をオンライン上で。

自習室プロ講師紹介
女.png

​N・S先生

現役医大生

家庭教師

​神戸大学医学部医学科生

小・中・高全教科対応

​大学入試化学物理得意​

男.png

​M・T先生

現役阪大生

​家庭教師

​大阪大学外国語学部生

小・中・高全教科対応

男.png

​M・T先生

マジシャン

​元数学研究者

​小・中全教科対応

​大学入試数学得意

​※有料利用の際は改めてご連絡し、継続利用されるか確認します。

ミーティングID: 808 433 2456

phonto.jpeg
IMG-1580.JPG
IMG-0647.JPG
phonto (24).JPG
phonto (11).jpg
4755433_l.jpg
IMG-7960.jpg
phonto (25).jpg

こんにちは。●●さん。
今回は何を勉強をしますか?

先生、こんにちはー。
今日は算数と漢字の
プリントをやりきります!

はい。わかりました。
リストに入力しておきます。
​しっかり自習してください。
​わからないところは質問を
してくださいね。

はい!じゃあ、
自習していきますね。
マイクをミュートにします。

先生、質問です。
わからない問題写真​で
送りますね。

はい。ちょっと考えますから、あとで個別指導室①に
きて下さい。説明します。

先生、今日の課題全部
できました!

はい、おつかれさまー!
頑張りましたね!
学習完了にしておきます。
保護者様も今日の頑張りを
​見てくれますからね。

はい。やりきりました!
それでは失礼します。
​先生ばいばーい!

はい。ばいばーい。
​また自習がんばろうね。

◯ご利用は登録制です。
​【開室時間】週4回設定
火曜 20:00から22:00 田上
水曜 16:30から18:30 田上
木曜 16:30から18:30 講師
金曜 20:00から22:00 講師
長期休暇中 9:00から11:00

【初月無料キャンペーン】
初回利用の月は無料0円です。

翌月から料金が発生します。翌月は利用しないというご選択も可能です。
 
※すでに家庭教師契約のご家庭は契約期間中、無料です。
​※大阪市にお住まいでない方で、家庭教師や塾に通わせることのできない世帯年収が少ない方、ご相談ください。証明ができれば減額・無料にもできます。
 
【対象】
 小中高
【管理者】
 ろじかる講師(代表or日替講師)
​ 講師数名での対応もあり。
【使用アプリ】zoom
全体管理と個別指導の混合体制。
個別指導はzoomのブレイクアウトルーム機能を使用。
ブレイクアウトルームは1回5分まで。
周囲に聞かれたくない際の短時間個別指導が可能。
 
【ねらい】
・学校や塾の課題をサポート。
・パソコン教育も自習室で。
・保護者様の通塾の負荷を減らす。
・声掛け重視で、やる気が維持。
・家庭教師契約に特典を設ける。
 
【料金について】
サブスク
 1か月12回 9900円税込
 1か月8回 6600円税込
都度利用
  1回  1100円税込 

 《お振込先》
 三菱UFJ銀行 交野支店
 普通口座 0526341
 タノウエ マサフミ

【入室方法】
​開室時刻になりましたら、zoomアドレスをクリックして、伝えられたパスコードを入力し、入室します。事前にいつ入室するかを公式LINEやメールでお伝えいただけますと管理がしやすくなります。途中入室、途中退室はご自由に。

Zoomミーティングに参加する
ミーティングID: 808 433 2456
パスコードは登録後に電話連絡します。
不審者入室防止のためにご協力お願いいたします。

「ろじかるオンライン自習室」
〜通塾という負荷をゼロに〜

【オンライン自習室開室日時】

【期末考査対策】
11/29月20:00~22:00 N・S先生
11/30火20:00~22:00 田上
12/1 水20:00~22:00 M・T先生
12/2 木20:00~22:00 田上
12/3 金20:00~22:00 N・S先生

【通常運営】

12/7 火20:00~22:00 田上
12/8 水16:30~18:30 田上
12/9 木16:30~18:30 N・S先生
12/10金20:00~22:00 M・T先生

12/14火20:00~22:00 田上

12/15水16:30~18:30 田上
12/16木16:30~18:30 M・T先生
12/17金20:00~22:00 N・S先生

【冬休みの課題・受験対策】
12/21火 9:00~11:00 田上
12/22水 9:00~11
:00 田上​
12/23木 9
:00~11:00 田上​
12/24金 9
:00~11:00 田上​
12/25土 9
:00~11:00 田上​
12/26日 9
:00~11:00 田上​
12/27月 9
:00~11:00 M・T先生​
12/28火 9:00~11:00 M・T
先生​
12/29水 9:00~11:00 N・S
先生

​※有料利用の際は改めてご連絡し、継続利用されるか確認します。

ミーティングID: 808 433 2456

テキスト写真クリックでAmazon購入画面へ

​小学1年~6年用

IMG-1328.jpg
IMG-1327.jpg
IMG-1326.jpg
IMG-1330.jpg
IMG-1331.jpg
IMG-1329.jpg

​※小学1年~小学6年の各学年用で用意できます。

​中学国語1年~3年用

IMG-1334.jpg
IMG-1335.jpg
IMG-1336.jpg

​高校古文漢文 基礎文法

IMG-1333.jpg
IMG-1332.jpg

​漢字検定対策

IMG_1337.jpg
IMG_1338.jpg

​※10級から用意できます。

★自習に使える「ろじかるオリジナル教材」

★自習に使える市販教材

読書感想文も次のような書き方でばっちり!

IMG-7930.jpg
IMG-7929.jpg
IMG-7932.jpg
IMG-7931.jpg

【自習を推進する理由】
 ろじかるでは自習を推進しています。なぜかというと、大人になっても向上し続けるスパイラルに入っていけるからです。

 学習活動のサイクルを改めて振り返ってみますと、まず、学校で基礎を学び、その後自宅等で授業の振り返りと習ったことの練習をし、定期的にテストや発表の場で力試しをするというものです。そのサイクルの中で、二番目の学習が知識や理解を定着させ、習熟させていく要(かなめ)になります。この要にあたる学習活動が、いわゆる「自習」と位置付けられています。

 常に自己を向上させ続けることのできるお子様になっていただくために、この重要な「自習」に対して、教育的指導を行っていくべきだと考えます。

 学習は、サイクル3番目のテストや発表にひとまず区切られるわけですが、その後も継続的に学習は必要です。しかし、現在の風潮は、定期考査や模試、何らかの発表会では全力以上の結果を求め、その後を長期的に想像しないそこまでの取り組みになっています。テストまでの学習でよいのなら、その能力は「環状の能力」となり、その輪の完成度はひとつずつ別々に存在し、それぞれの輪とのつながりもなく、知識と知識が関連するまでに時間がかかります。しかし、その知識であり能力である輪と輪を、学習している最中からつながりを感じて向上していくことができれば、学ぶ喜びをお子様自身が感じながら学習が進んでいきます。また、お子様自身が次に学ぶ内容を講師に確認したりして、自己コントロールをする力をつけながら学習していくでしょう。単に見守っているだけではなく、自習中の雑談のような声掛けの中で、今勉強すべき科目や、知識と生活とのつながりを理解しつつ、学力が構築されてきます。例えば、お子様からの素朴な疑問に講師が丁寧に答えてみたり、講師が教育に携わろうと考えたことをお子様が興味を持って聞いてみたりすることで、知識と生活の関連付けができ、長期的に主体性をもって学習ができるようになっていきます。自習をしているお子様と一緒に大人が学ぶ環境は、そのまま学習者としての模範となり、同じ空間をシェアするだけで大きな教育効果が発揮されていくはずです。

 したがって、短期的な単なる知識、単なる技能の習熟だけのために「自習」教育をするのではなく、長期的な学習し続ける態度を習慣づけるための「自習」教育が今必要です。長期的に自習する態度が身についたお子様は大人になっても学び続けるようになるでしょう。これは健康維持のための長期的な体力トレーニングと似ています。そのトレーニング自体に喜びや、やりがいを感じるようになれば、生涯健康的な体調を維持することができるはずです。また、あるトレーニングに慣れてくれば新たなトレーニングに移っていくように、学習を自分のレベルに合わせて積み上げていこうとします。こういった学ぶ態度を身につけていくことで、長い人生を成長し続け、問題解決や自己実現ができるお子様となります。

 このように、学ぶことで定着させた「環状の能力」を、将来に向けてたくさんつなげていき、立体的なスパイラルを形成することが肝心です。「自習」教育を大切にするのは、大人になっても向上し続けるスパイラルに入っていけるからなのです。